インフルエンザ、ノロウイルス対策で気になった事を業者に聞いちゃいました(^_-)-☆

2014.1.27

インフルエンザ・ノロウイルス・ロタウイルス・・・。テレビや新聞を見ると、どんどん範囲が拡大しておりますね。

これももう驚異の何ものでもないですよね( ゚Д゚)

私も、以前にインフルエンザやノロウイルスにかかった経験がありますが、本当に心を折られます( ;∀;)

インフルは関節痛に悩まされ、ノロではトイレからは出られない。

出ようものなら・・・『はぅぅぅ!!!!( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)!!!』トイレに出戻りです(苦笑)

故に、予防は心掛けております。

【手洗い】【うがい】ですね。これは、まぁ昔からの予防法ですが。

さて、今回のお話は【インフルエンザの対策について疑問に思ったこと】ですね。

最近、当店でも【空気清浄機】を導入しました。元日からヨドバシカメラで(笑)

それがこちらです!

空気清浄機

プラズマクラスターにするか迷いましたが、お客様の意見からこちら【ダイキン】にしました!!

 

さて、購入はしたものの前々から疑問があったのですが、【クレベリンゲル】というのをご存じですか?

クレベリンゲル

CMでちょっとやってましたね。これ、空気中のウイルスを二酸化塩素分子の力で除去するという薬局で売られているものですね。

これず~と考えてたんです。

【空気清浄機】【クレベリンゲル】どっちも似た様なものだけど、実際のとこどうやねん!( `ー´)ノ

と思ったわけですよ。

さっそく業者に電話で確認したんです(^_-)-☆

で、色々なやり取りがあッたのですが、ちょっとだけまとめますと・・・。

【空気清浄機】は空気中のウイルスを吸い込み、吸着できる大きさがPM2.5に対応するレベル。フィルターで分解。

【クレベリンゲル】はさらに細かい分子レベルにまで除去する。

ということになります。ただ、注意点があります。

これ、クレベリンゲルと空気清浄機を併用する際、ホコリとかがフィルターで根詰まりを起こすと、フィルターに吸着しているウイルスにクレベリンゲルの成分が使用されてしまうそうなんです。

通常なら二酸化塩素分子は小さいので、フィルターをすり抜けるんです。が!!根詰まりがあるとそこで、すり抜けせずにそこにいるウイルスに成分を発揮してしまうので、その成分の減りが速いということです。

なんと!すでにフィルターにウイルスが吸着してるのに、そこでクレベリンゲル成分が活躍してしまうと・・( ;∀;)

フムフム・・・( *´艸`)

となると良い環境を作るためのマイナス面は、空気清浄機ではフィルター掃除の手間がかかる。クレベリンゲルだとコストがかかり、塩素独特のにおいが出る。というこですね。

 

ただ、どちらの業者にも共通して言っていたことは

【使われるお客様の考え方しだい】でした(笑)

ん~、最後は軽く濁された感じがしますが。。(笑)

ただ、どちらの業者もこんな使い方がよいという提案をして頂けました。

クレベリンゲルは空気清浄機の離れた所において、吸い込む力で空気の流れを作ると、室内全体的にウイルス除去しやすくなります。との提案でした。

どちらかのみを使用するにしても、メリット・デメリットはあるようですね。

ま!皆様がそういったウイルスにやられず、快適に過ごして頂ければいいわけですが(*^^)v

環境作りももちろんですが【手洗い】【うがい】はしっかり行っていきましょう!!

 

以上!

元住吉の整体・リラクゼーションサロン

【癒し処こうみや】

熊谷でした<(_ _)>

 

アーカイブ
2022年6月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
はじめての方へ
ご予約・お問合わせ

電話番号 044-948-9535

営業時間 11:00~21:00(最終受付20:30)定休日 火曜日

メールのご予約はこちらから
エキテン 口コミ ランキングで1位を獲得!
  • もしものときのこうみやSOS
  • こんな悩みがあったら相談を
  • 料金表
  • キャンペーン情報
  • 採用情報
トップへ戻る