『睡眠』という言葉に関心がある方はご覧下さい。

2014.2.24

 

ソチオリンピックも一段落しましたね(^_-)-☆ジャンプの葛西さん、フィギュアスケートの真央ちゃんや羽生君、他にも多くの選手が感動を与えてくれました。

さてさて、そんなオリンピックをリアルタイムで見ていた方や、年度末に向けて仕事が多くなっている方、様々な受験勉強をしている方。そんな環境下にある方々は、睡眠不足を感じている方も多くいるのではないでしょうか?

 

今日の題材は『睡眠』についてです。

【睡眠】というワードは生活をしていく上でとても重要なものです。なんせ人生の三分の一は睡眠ですからね(*^^)v

では、何を伝えたいかというと今回は【睡眠の質】についてお話したいと思います。

遅くまで仕事をされている方や、お子様がいる家庭では、どうしても睡眠時間が確保できないことがあるのではないでしょうか?私もそのうちの一人です(笑)施術中、お客様からの声であげられるのは【寝たい!】【睡眠が取りたい!】なんて声です ( ゚Д゚)

よく言いますよね。夜の22時から日付変わって2時の間に寝る【ゴールデンタイムが良い!!】・・・これ、この時間に家に帰る人はどうすればいいの?って多くの方が突っ込みたくなりますよね( `ー´)ノ

ちなみに、こんな症状がある人がいたら、睡眠の質を改善する必要があります。

〇記憶力、集中力の低下

〇日中の異常な疲れや眠気

〇頭痛や吐き気、めまいなど

〇免疫力の低下やちょっとしたことでイライラする

 

どうですか?かなりの人が一つはチェックに引っかかるのではないでしょうか?

睡眠をしっかり取ることが出来れば、上記の症状を軽減することが出来ます。

【いや、だから睡眠の時間が取れないんだって!!( `ー´)ノ】そんな突っ込みにお答えします(笑)

まず、意識として変えなくてはいけないのは、、

【良い睡眠を取るための準備をする】ということです。多くの方が、これは実践できてないと思います。

【だから準備する時間がないって!!( `ー´)ノ】・・・そんな突っ込みに再度お答えします(笑)

まず、次の事に気を付けて下さい。

①カフェイン・アルコールは寝る前には取らない。

日本茶やコーラ、コーヒーにはカフェインが入ってますよね。それを利用して試験勉強やカフェで仕事をしている方もおりますが、カフェインは摂取してからだいたい30分後くらいから、その効果を発揮しその持続時間は4~5時間続きます。また利尿作用もあるので、尿意でも目が覚めてしまうので、その睡眠をとるべき時間にひっかかるようにカフェインを取ると睡眠の質を低下させる要因の一つになります。

アルコールに関しても睡眠導入の効果はあるものの、睡眠後半は睡眠を浅くすると同時に、これも利尿作用もあるので、睡眠の質が落ちます。これも気を付けなくてはいけません。

②熱いお風呂は要注意

お風呂に入って体温を少し上げ、徐々に体温が下がる時に布団に入るとスムーズに入眠が出来ます。・・が!熱すぎるお風呂は体温が下がらず、交感神経が活発になってしまうので、寝づらくなります。理想は40℃前後のぬるま湯がいいと言われます。

③寝る前の携帯チェック

これはかなり多いのではないでしょうか?ちょっとのつもりが意外と携帯イジる(笑)

これは目に光の刺激が入ることで、交感神経が優位になること。また、見ることによってその情報を脳で処理してしまうので、目が覚めてしまう要因になります。テレビをみても同じですね。

上記に挙げたものは、今までの生活リズムを変えずに【睡眠の質】を見直すことが出来るのではないでしょうか?他にも色々とありますが、考えとしては、【良質な睡眠を確保するためにその阻害しているものを外す】ですね。

長くなってしまったので、今度【睡眠の質を上げるために、その準備について】をお伝えしますね(^_-)-☆

睡眠について1 

 

この情報を夜中、寝る前に読むことがないことを願うばかりです(苦笑)

以上!

元住吉の整体&リラクゼーションなら

【癒し処こうみや】

熊谷でした<(_ _)>

アーカイブ
2022年6月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
はじめての方へ
ご予約・お問合わせ

電話番号 044-948-9535

営業時間 11:00~21:00(最終受付20:30)定休日 火曜日

メールのご予約はこちらから
エキテン 口コミ ランキングで1位を獲得!
  • もしものときのこうみやSOS
  • こんな悩みがあったら相談を
  • 料金表
  • キャンペーン情報
  • 採用情報
トップへ戻る